1. HOME
  2. Blog
  3. Teams
  4. Teams 会議の録画方法とレコーディングデータの保存先(SharePoint/OneDrive for Business)

ブログ

Blog

Teams

Teams 会議の録画方法とレコーディングデータの保存先(SharePoint/OneDrive for Business)

Teams 会議には録画機能があり、会議中にすぐにレコーディングを始めることが出来ます。レコーディングしたデータの保存場所は会議の始め方によって少し異なるので、予め知っておくと良いかもしれません。

Teams 会議でレコーディングを開始する

会議の開催者や発表者は画面上部の […] – [レコーディングを開始] から録画を始めることが出来ます。

Teams 会議で録画を開始する

Teams 会議で録画を開始する

出席者の役割になっているユーザーには開始できません。
(会議での各役割についてはここでは詳しく触れませんが、役割によって出来ることが異なるということです。)

録画を停止し、レコーディングデータを確認する

同じメニューから録画を停止することが出来ます。

録画を停止する

録画を停止する

もちろん、録画を停止したからといって Teams 会議が終了するわけではないので、必要な箇所だけ録画をすることが出来ます。

録画を停止してしばらくすると、会議のチャット欄に下記のようなサムネイルが表示されます。こちらをクリックすることで、レコーディングデータを確認することが出来ます。

レコーディングデータが会議のチャットに表示される

レコーディングデータが会議のチャットに表示される

レコーディングデータの保存場所

会議が終わった後でもレコーディングデータを確認したいということはよくあります。
その度に会議のチャットを開きなおすのは面倒なので、実際にレコーディングデータが保存されている場所を開くのがおすすめです。

保存場所については、Teams 会議の始め方によって異なります。

Teams 会議の始め方については下記記事を参照してください。

チームのチャネル上で会議を始めた場合

少し前まで「今すぐ会議」の名称だった始め方です。この場合は、該当のチャネル内に「レコーディング」フォルダが作成され、そこに保存されています。

チャネルで開催した会議の場合、レコーディングデータはチャネルのファイルに保存される

チャネルで開催した会議の場合、レコーディングデータはチャネルのファイルに保存される

Outlook の予定表から会議をセットした場合

Outlook の予定表から会議をセットした場合、録画を開始したユーザーの OneDrive for Business に「Recordings」フォルダが作成され、そこに保存されます。

Outlook の予定表からセットされた会議の場合、レコーディングデータは録画を開始したユーザーの OneDrive for Business に保存される

Outlook の予定表からセットされた会議の場合、レコーディングデータは録画を開始したユーザーの OneDrive for Business に保存される

まとめ

このように、Teams 会議では非常に簡単に録画を行うことが可能です。

保存したデータがどこに保存されているか後で分からなくならないよう、保存場所をあらかじめ押さえておきましょう。

->各種お問い合わせはこちらから

無料ニュースレター購読

Related posts