1. HOME
  2. Blog
  3. Exchange
  4. Microsoft Outlook??

ブログ

Blog

Exchange

Microsoft Outlook??

先日、Outlook についてのブログを書きました。ずいぶん昔から Outlook を利用していた筆者からすると、Outlook と言えば、”Outlook” をイメージして書いているのですが、そうだ!! もしかすると違うかも、と思い直しこのブログを書いています。

Outlook といえば

同じOutlook でもいろいろな Outlook があることにいまさら気付いてしまいました。もう少し正確には、気付いてはいましたが、あまりちゃんと考えていませんでした。

  • デスクトップアプリとしての Outlook
  • スマホ用の Outlook
  • Office 365 のブラウザで利用する “Outlook on the web” という名称の Outlook
    *Office 365 内では “Outlook” と表示されています。
  • そして、Outlook.com  (この存在がややこしい)

メーラーとしてのOutlook

Outlook をメーラーとして考えると、上の3つは同じように使えます。メーラーを少し拡大して、スケジュール管理や連絡先管理を考えても、これらの Outlook は利用可能です。 スマホにも、それぞれ Outlook アプリが用意されているので、ご自身の好きなデバイスで利用出来ます。

Exchange のフロントエンドとしての Outlook

先のブログは、このExchange のフロントエンドとしてのOutlook についていかに便利かを書いたわけです。

Outlook on the web はその名のごとく、Outlook のブラウザ版です。機能的にはデスクトップアプリに比べるとやはり劣る部分もありますが、どんどん進化を続け、今はブラウザでもかなり利用できるようになっています。

メールをデバイスに残さないというセキュリティ上の理由から、Outlook on the web のみの利用を許しているお客様もいらっしゃいますね。

Outlook.com

これは、個人向けのメールサービスです。Google の Gmail のマイクロソフト版が Outlook.com と言えるかと思います。その昔は、悪評が立った、Hotmail が進化したものです。クラウドメールというと、Gmail を思い浮かばれる方も多いと思いますが、マイクロソフトは、Google が会社としてできる頃には、Hotmail をサービスとして提供していたのです。当時はまだセキュリティについての社会的意識も今のように高くなく、スパムメールとして利用されることも多かったので、いろいろと悪評が立ったわけです。その後、Live と名前を変えたりいろいろと紆余曲折を経て、今では Outlook.com という名称で無料提供しているサービスです。

Outlook の魅力

先のブログに書いたように、 Outlook はバックエンドで Exchange が動いていて初めてその真価を発揮します。いろいろな説明の仕方がありますが、ここでは、企業・組織の「グループウェア」のフロントエンドとして Outlook は動いているといってもいいと思います。

Outlook.com とはその機能は全く違うので、Gmail のように、個人Gmail の延長線に Google Suite があると同様に考えてしまってはいけない、と言うことです。

費用はかかりますが、 Office 365 のもっとも安いスイート製品を契約すると、そこには、Exchange も入っているし、SharePoint も入っているし、もちろんTeams も使える、という優れものです。クラウドストレージとして OneDrive for Business もユーザーごとに 1TB ついています。その他にもいろいろと入っています。

個人での利用は行き過ぎかもしれませんが、2以上の小さな組織でもその利用価値は十分にあります。しかも300ユーザー以下だと安い!!何らかの理由で G Suite などを使い始めてしまった方、今からでも Office 365 に乗り換えた方が将来的にお得かもしれません。

->各種お問い合わせはこちらから

無料ニュースレター購読

Related posts