1. HOME
  2. Blog
  3. Teams

ブログ

Blog

Teams

ライブイベントを作成する

Teams のライブイベントと会議との違い・注意点についてざっくり解説

オンライン会議は Teams の最も重要な機能のひとつです。毎日のように会議に参加しているという方も多く、その重要性は説明するまでも無いと思います。一方でそんな中、「ライブイベント」という機能をどこかで耳にし、どんな機能か気になっている方もいらっしゃるかもしれません。弊社のセミナーでもご質問頂くことが増えてきました。

Teams

一対一のチャットの例

Teams のチャット機能の使い方

Teams には、チームでのチャット機能(=投稿)とは別に、チャット機能があります。わざわざチームを作成しなくても、ユーザーとのチャットを行うことが出来るのでお手軽なのが嬉しいです。そんなチャットの基本を解説したいと思います。

Teams

ファイル添付のアイコン

Teams の投稿にファイルを添付する

ファイルの扱い方ひとつで作業の効率は全く変わってきます。具体的には、同じファイルのバージョン違いが別々に保存されることは出来るだけ避けるように意識することが重要と思います。在宅勤務(テレワーク)では特に重要です。

Teams

バージョンの一覧

ファイルのバージョン履歴を確認する

ファイルを共同編集して作業を行うことは、業務の効率化を考える上で非常に重要です。「ファイルの内容が知らない内に編集されているのは不安…。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、バージョン履歴を利用することで、そんな心配も不要です。

Teams

投稿タブ

Teams のタブの色々な使い方

チャネルでのやり取りは基本的にはタブで行い、別ウィンドウで作業をするという場面はほとんどありません。今や「一日の仕事が Teams のウィンドウ一つで完了する」という方も珍しくないわけですが、そんな使い方が出来るのもタブのおかげです。

Teams

チャネル名の冒頭に数字を入れて並び順を調整する

チームのチャネルの使い方と作り方

チャネルはチームを構成する要素です。チャネルを適切に使い分けると、チーム内でのやり取りを後で見直すときに非常に分かりやすくなります。プライベートチャネルの作成方法も解説しています。

Teams

自分へメンションされている場合、「@」が付く

Teams のメンションとは?新機能「タグ」も解説

メンションは Teams で非常によく使われる機能です。「@メンション(アットメンション)」と呼ばれることもあります。文章の中でメンションを利用すると、どのユーザーに対するメッセージなのか明確に分かるので便利ですよね。また、自分がメンションされたメッセージには「@」が付きますし、通知が届くので見逃す心配はかなり低いです。

Teams

バナー通知

Teams の通知機能を使いこなす

通知は Teams を利用していると必ず目にする機能と思います。通知の機能を使いこなすことで、メッセージの見逃しを防いだり、わざわざチームを開かなくてもメッセージの存在を確認することが出来るので、ぜひ使いこなせるようにしましょう。

Teams