1. HOME
  2. Blog
  3. OneDrive
  4. OneDrive アプリを使ってみる

ブログ

Blog

OneDrive

OneDrive アプリを使ってみる

Office 365 のクラウドストレージの魅力の一つは OneDrive アプリの存在です

OneDrive アプリは同期ツールです

OneDrive アプリは、Windows 用も Mac 用も iOS 用も Android 用も揃っている同期アプリです。

何を同期するかというと、OneDrive for Business や SharePoint のドキュメントライブラリをローカルデバイスのフォルダと同期させているのです。

ファイルオンデマンド

同期というと、全てのファイルをローカルデバイスにダウンロードするように聞こえますが、そうではありません。現在の OneDrive アプリの初期設定は、「ファイルオンデマンド」です。ローカルデバイスでは、フォルダ名やファイル名が表示されているだけで、実際にはダウンロードされない機能です。基本的には、ファイルを利用するときにダウンロードされ、表示・編集などができるようになります。

OneDrive のストレージ領域は、1TB なので、iPhone や Android に全てをダウンロードできるはずもありません。ファイルオンデマンドだから安心して利用出来るわけです。PC で利用する OneDrive アプリもファイルオンデマンドが基本となり、全てのデバイスで同じように動作するようになっています。

いったん利用のためにファイルがダウンロードされると、そのファイルは操作をしない限りそのデバイスに残ります。デバイスに残っていると次に利用する際には、ローカルのファイルを利用するようになります。その場合には、ネットワークが切れていても利用できます。

また、特定のファイル、フォルダを選択して、あらかじめローカルにダウンロードしておく設定も可能です。ネットワーク環境がなくても作業をしたいようなファイル群につていは、そのようにしておくことで、環境を問わず作業ができることになります。

もちろん、環境が許せば、全てをローカルにダウンロードするよう設定することも可能です。ファイルオンデマンドの機能を利用しない、という設定ですね。

筆者は、デスクトップマシンはそのようにしてあります。万一ネットワークが遮断されても、全てのファイルは手元にあるので、必要な作業は継続できます。逆に持ち歩いていいるノートPC の場合は、基本は全てクラウド上にあります。

セキュリティの考え方

近年、ローカルにファイルが保存されることに対して、セキュリティ観点から問題を指摘される場合もあるでしょう。

同期を止める

同期ボタンをはずしてしまうことで、ユーザーが同期できない状態は管理者側で設定可能です。 OneDrive や各ドキュメントライブラリから「同期」というボタンが消えます。

OneDrive の設定

OneDrive の管理画面での設定項目

ドメイン参加のデバイスの限定する

上の画面で分かるように、ドメインに参加している PC のみに限定することも可能です。そうすると、組織が管理している PC でのみ同期が許可されるので、セキュリティレベルは高まります。ただし、この場合スマートデバイスで OneDrive アプリが利用できなくなるので、利用の幅が制限されることになります。

暗号化

同期がリスクである、というのは、万一デバイスを紛失したときに、データを抽出されてしまうリスクを懸念してのことと思います。とはいえ、ローカルデバイスの保存領域への保存は認められているケースは多いです。PC でいえば「デスクトップ」や「ドキュメント」です。これらを完全に止めようと思ったら、行き着く解はシンクライアントになるかと思います。

そこまでいかなくても、ストレージが暗号化されていれば OK という解もあるでしょう。別途ライセンスは必要ですが、EMS を利用すれば、BitLocker による暗号化を強制し、暗号化されていないデバイスはアクセスを制限する、ということも可能になります。

EMS は何かについては別途記述したいと思います。

スマートデバイス用簡易的 MDM

OneDrive 同期アプリについては、簡易的 MDM が利用できるようになっています。下の画面がそのメニューです。

OneDrive MDM

OneDrive 同期アプリを制御する MDM のメニュー

追加ライセンスを購入しなくても、ある程度の管理はできるようにサービス提供されています。

やっぱり使ってみよう

Teams ユーザーが急速に増えていますが、 Teams のチャットで共有されたファイルは実はアップしたユーザーの OneDrive に保存されている、ということはあまり知られていません。知らず知らずのうちに利用を進めている可能性もあります。 Teams の 左にある「ファイル」というメニューをクリックすると、そのユーザーの OneDrive を表示するメニューもあります。

結局 OneDrive の利用は Office 365 の利用促進に繋がるわけです。ここでご紹介した以上の機能が実装されているので、利用の価値は大きいです。

OneDrive の利用、 OneDrive アプリの利用の疑問、懸念、不明点などありましたらお問合せください。

->各種お問い合わせはこちらから

無料ニュースレター購読

Related posts