トピックス

クラウドとマルチデバイスの時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドサービスがとても便利なのは、サービスもデータもインターネットの向こう側から来るので、簡単にアップデートできるところにあります。今の時代は、デバイスの進歩もとても早い時代です。一昔前に、スマホやタブレットがビジネスにこれだけ利用されることは予想できませんでした。あるいは予想は出来ても対応は難しかったといえるでしょう。でもクラウド時代の今は、アプリケーションがデバイスに対応するスピードも格段に上がりました。ビジネスに必要なツールもどんどんスマホやタブレットに対応するようになり、マルチデバイス時代に自分に合ったデバイスで効率的に業務を推進できるようになったわけです。
その際に重要な事はこうした変化は、今ではクラウドのおかけで大企業だけではなく、中小、零細企業・組織の隅々まで容易に行き渡ることが出来る、という点です。
iPhone や iPad をもっていらっしゃる方がたくさんいると思いますが、それらを簡単にビジネスにつなげる事が出来るようになっているわけです。

Office 365を利用すれば、メールはもちろんマルチデバイスでの利用が可能です。パソコンで見てもiPad で見ても、スマートフォンで見ても、同じ情報が見えます。当たり前のように聞こえますが、そうでもありません。例えば、スマートフォンを新しくした時に、すぐに以前と同じ状態になりますでしょうか? クラウドであれば、簡単になります。パソコンで送信した送信メールをiPadで確認出来ますでしょうか? これまでのメールシステムでは出来ませんでした。Office365を利用していれば、簡単にできます。デスクで書きかけのメールを送信せずに外出した時に、外出中スマートフォンで続きを書いて送信できますでしょうか? Office 365なら出来ます。
メールだけでもOffice365で飛躍的に便利になります。

OneDrive for Business のようなクラウドストレージに保存しているファイルも外出中に簡単にスマートフォンやタブレットで確認することが出来ます。閲覧だけではなく、修正も可能です。

そんなクラウドのメリットを十分に享受することは経営の効率やスピードを上げるためには有効な手段になるはずです。

関連記事

ピックアップ記事

業務基礎スキル診断
業務基礎スキル診断