トピックス

小規模企業のための備品管理システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織の規模が小さくても、会議室や備品のスケジュール管理は必要になるはずです。

しかし、いわゆる備品管理システムというのは比較的費用のかかるシステムです。

Office 365 であれば、全く心配は無用です。Office 365 には、メールとスケジュール管理が統合されています。自分のスケジュール管理はもちろん可能ですが、他のメンバーのあいている時間に会議などの予定を入れる場合には、その時間についての情報を入力して、必要な相手のメールアドレスを入れて、送信をすることになります。そうすると、相手のスケジュールに「仮」の予定が入り、そしてその情報についてメールが送信されます。そのメールで「承諾」をすれば、「仮」の予定が確定されることになります。

備品管理についてもこの同じシステムを使うことで簡単にできます。管理が必要な備品についてメールボックスを作成し、そのスケジュール管理をすればいいのです。たとえば、会議室のメールボックスを作ることで、その会議室のスケジュール管理が出来るようになるわけです。会議のお知らせと同時に、会議室の空き状況も確認することが出来、会議の通知と同時に会議室宛てにメールを送信することで、自動的にスケジュールが入ります。このメールボックスの場合、「自動承認」という機能があるので、あいていれば自動的にスケジュールを承認することが出来るので、本当に簡単に会議室の予約システムが出来あるがることになります。

Office 365 の素晴らしいところは、この便利な仕組みを利用するのに一切の追加費用はいらない、という点です。

会議室だけではなく、プロジェクターやサンプル商材、社用車のスケジュール管理など、さまざまな用途で利用出来ます。

関連記事

ピックアップ記事

業務基礎スキル診断
業務基礎スキル診断